重要なお知らせ九州地方を中心とした大雨による配送遅延について(7月7日14時現在)

液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)/100-LA008 デスクダイレクト

折りたたみ会議テーブル・長机・オフィス
チェア・オフィスパーテーション通販の専門店

希望の条件で探す

デスクの特徴

デスクのサイズ

 ~   cm
高さ
 ~   cm
奥行き
 ~   cm

検索 絞り込む

デスク(天板)の素材

デスクの色

価格

 ~   円

検索

条件に合うデスクは
0
見つかりました。

商品を見る

メールでのお問い合せ

営業日16時までにいただいたお見積もりのご依頼には即日ご回答いたします。

アウトレットセール

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

  の日が定休日です。
営業時間 9:00〜18:00

この内容で送信する

※こちらのフォームからは個別のお問い合わせにはお応えしておりません。

貴重なご意見をありがとうございました。今後の運営の参考にさせていただきます。

トップページ > 即納商品コーナー

液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)
液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)

液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)

  • 液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)

    /upload/save_image/02231631_4d64b7ea13475.jpg

  • 液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)

    /upload/save_image/02231632_4d64b81534f2e.jpg

  • 液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)

    /upload/save_image/02231632_4d64b81d51df4.jpg

  • 耐荷重10kgまで

品番

100-LA008

販売価格

¥6,400 (税抜)
¥7,040(税込)]

配送料金

送料無料
※一部地域を除く

ポイント

70Pt

在庫状況

在庫あり

Now Loading...

まとめ買いお値引きのご相談


液晶モニターアーム

耐荷重 最大10kgだから安定して使える

水平方向に自由に移動

目線に合わせてモニタの高さ調整

画面の向きを上下180度調節可能

画面の向きを左右に180度調節可能

モニタを360度回転可能

クランプ(天板取り付け) モニタ取り付け部

ケーブルを美しく配線できるクリップ付き

その他・サイズ

特長

●水平空間に対して自由に可動する3関節の液晶モニターアームです。
●VESA規格(75×75mm、100×100mm)に準拠した液晶ディスプレイの取り付けが可能です。
●最大10kgまでの液晶モニタの取り付けに対応しています。
●液晶アームを使うことで、パソコンの台座を必要としない分広々とデスク上を使用できます。
●使わないときはディスプレイアームを畳むことで机上がすっきりします。
●液晶モニタを目線の高さに合わせて上下調節が行えます。工具を使わないレバー式なので手締で楽に行なえます。
●画面の向きを上下左右に180度調節が可能です。モニタも360度回転させることができます。
●デスクの天板へ取付け可能なクランプタイプです。2本のボルトでしっかり固定します。
●ディスプレイからのケーブルをすっきり配線できるケーブルクリップ付きです。
※設置するモニタにより、上下左右の角度調節範囲が通常より制限される場合があります。





仕様

■サイズ:寸法図参照
■梱包:1個口
■出荷形態:ノックダウン組立式(お客様組み立て)
■材質:スチール(エポキシ分体塗装)
■総耐荷重:10kg
■付属品:液晶取付け用ネジ4本(M4×10)



取扱説明書はこちら

この商品のレビュー

液晶モニターアーム(水平3関節アーム・ブラック)

平均満足度:5

5つ星中 5

レビュー件数:1件

5つ星 11

1件

4つ星 0

0件

3つ星 0

0件

2つ星 0

0件

1つ星 0

0件

全てのレビューを表示

並び替え: 新着順参考になった順満足度が高い順  

1件中/1~1件目を表示

  • 取り付け部がしっかり

    ジムヤ さん  さん (投稿日:2017/04/30) 

    取り付け部が2本のネジでしっかりしていて安心です。
    高さ、可動範囲も十分です。

    約3年前にデスクダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?

1件中/1~1件目を表示

 このページの先頭へ